Usedtruck

自社工場で中古トラックを架装できる専門業者ならコスパも良

中古トラックで事業用途に合ったものを探しているものの、条件に合う車両がなかなか見つけられず、中古トラックを専門業者で購入することを諦め新車で目的に合った架装で調達しようとしていませんか?自社工場を有し、架装・架修を行うことのできる中古トラックの専門業者で購入すれば、目的にあったトラックに作り替えることができます。
中古トラックの専門業者には、整備工場だけでなく板金や塗装修理工場のほかに、架装・架修を行う専用工場を完備していることがあります。専用工場を有している場合、現状販売となる中古トラックでも納車前に荷台をメンテナンスし、傷んだ部分の板金だけでなく破損している部分を作り直すことができます。また、架装を行う向上を完備している場合、平ボディ車をボックス車やウイング車などに作り替えることができ、目的に合わせることができます。車体の購入が抑えられ、装荷費用は新車で行う場合と大きな差が無く、投資費用を抑えることができます。また、構造の一部を流用するなど作り替えに掛かるコストが抑えられるなど新車購入するよりも安く、中古トラックで条件に合う車両を探すよりも早くなり、短期間のうちに事業への投入が可能になります。先ずは、中古トラックを探す際には自社で架装・架修が可能な専門業者を選定するのが費用低減と納期短縮には重要になります。

リースアップ車両といった高年式で走行距離も少ない中古トラックも!

事業拡大のために直ぐにトラックが必要、既存のトラックが事故や故障により走行不能となり直ぐに代替トラックが必要ということは少なくはありません。そして、現物が存在する中古トラックは購入費用が抑えられるだけでなく、納期も短いといったメリットがあります。しかし、中古トラックは年式も古く、走行距離も多い、錆や凹みなどで傷だらけといったイメージはありませんか?中古トラックの専門業者で購入できる車両には、リースアップ品など好条件のトラックも多数あります。
一時的に複数台の車両が必要、中長期的にトラックを購入するのはコストパフォーマンスが良いもののリスクを伴うといった経営判断を行う会社では維持費用が抑えられるリース契約を利用しています。そんなリース車両も中古トラックとして扱われ、中には初年度登録から3年も経過しておらず、10万キロにも達していないといったものが多数あります。リースアップ品といっても、リース会社が引き上げ後、メンテナンスを行い綺麗な状態とし一定期間保管されていた車両もあり、リースアップを狙えば購入後の補修費用などを抑えることができます。リースアップ車両は状態も良く、中古トラックとしては高めの価格設定になっているものの、以前の利用者も所有権がリース会社にあるということから注意を払って使用しているなど、安心感の高い中古トラックになります。

中古トラックでもリース契約可能!コスト削減や事業計画に合わせて!

事業用トラックを低コストかつ短期間で複数台確保したいという際、中古トラックを専門業者で購入する方法はメリットがあります。中古トラックなら既に架装済みとなり、車両を購入してから架装を専門業者に依頼する必要がありません。また、高年式で走行距離も30万キロに満たない中古トラックも多く、新車で購入し架装するよりも大幅なコストカットが行えます。
しかし、中古トラックといっても高いコストが生じるのには違いがなく、事業計画により1~3年間の間に拡大を行い、その後は利益を見据えて計画したいという際、中古トラックを購入するのは不向きです。ですが、中古トラックの専門業者ではローン購入だけでなく、リース契約も取り扱っており、費用負担を抑えることができます。直ぐにトラックを必要な台数揃えた場合でも、将来的に業務上の不都合が生じることもあります。しかし、リース契約なら不要になった、目的に合わないといったトラックの処分を気にするだけでなく、中古トラックとして買取依頼する際に数年で大幅に価値が下がるといったことを心配する必要がありません。
既にある程度減価償却がされた中古トラックならリース契約でも、毎月の費用負担が抑えられるだけでなく、リース費用が経費として計上できるため節税効果も期待できます。

注目の記事

トラックドアップ

中古トラックにも存在する新古車や未使用車!

中古トラックといえば、新車登録から数年が経過し、走行距離が多いもしくは過走行、車体にキズや錆があるといったものが多いとイメージしていま…

more

最新記事一覧

関連リンク

Top